...3 cats in 香港...
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
ジグベェのしっぽ アパッチ ≫ アパッチの目のこと

アパッチの目のこと

(・・・写真が多くて長いです・・・)



アパッチは視力を失いながらも、それなりに落ち着いていた(5月21日撮影)
アパッチ


が、実は、あれからアパッチの目はさらに悪くなったようで・・・、家の中ですっかり方向を失い、迷ってしまうようになった。
あっちこっちにぶつかり、そして、ぶつかって慌てて方向を変えると、もうどこにいるのか皆目わからなくなってしまっているみたいだった。
音を頼りにすれば方向がわかりそうなものなのに..と思うのだけど、アパッチもパニクっているのだろう、混乱して途方にくれていた。
見ていると辛くて・・、でも、手助けしようとすると怒る。(そして「こっち」と声をかけると、必ず「あっち」に行ってしまう…)


5月27日の見送り。(※声が出ます。43秒)



せめて、移動の目印(...じゃないよね、足がかり?)になればと、家中どこそこに敷物を敷くことにした。ンが、バカしもべ(私)が、ああでもないこうでもないと敷物の位置を迷い、移動させるものだから、アパッチをもっと混乱させてしまって・・・。
ついに、アパッチは寝室の寝床に籠ったまま、動こうとしなくなった。
「こっちへおいで」と、リビングへ連れ出しても、すぐに(といっても、迷うのでかなり時間をかけて)寝床へと戻って行く。
そして、ゴハンも食べなくなった。


方向を見失ったアパッチ(食卓の下には古い絨毯を引っ張り出した。6月5日撮影)
アパッチ
‥ここは どこ?‥


手術を受けさせて、目を治してやりたい、と思った。
だけど、手術の成功率とか、麻酔のリスクとか、アパッチの年齢を考えると、今の状態でも家で元気に過ごせるのなら、やはりそれが最善なのではないか…。

ともかく、ゴハンを食べてもらわなくちゃ!
今まで元気に過ごしてきたアパッチを、こんな失意のまま衰弱させるわけにはいかない。Gaoさんと二人で(休日だった)、アパッチの好きそうなフードを沢山買い込んだ。
アパッチは、いつものカツオ節は拒否したけど、焼きカツオのおやつを差し出すと、ムクッと起き上がり、パクパクっと食べた。
食欲はある。だったら大丈夫だよね、アパッチ。


寝室の寝床。19歳にしてグルメになったネコ(6月7日撮影)
アパッチ
‥カツオブシあじ いがいは おことわりだよ‥


結局、アパッチは2日間ろくにゴハンも食べずに引きこもっていたが(でも、トイレには行く。そのときに迷うので、けっこうな運動量にはなっていたと思う。体重が軽くなった。。)、少しずつ気分も好転してきたようだ。


こんな顔してたけど(6月3日撮影)
アパッチ
‥ボク、目が みえなくなったんだ‥


少し笑うようになった(ゴハンとお水を出前してもらった後)(6月4日撮影)
アパッチ
‥ゴハンのでまえ、ごくろうであった‥


ソファーの横の寝床に入るアパッチ(18秒)



ベランダで草も食べる(6月5日撮影)
アパッチ
‥うみゃあ‥


夜食の時間が近づくとここで待機する(6月6日撮影)
アパッチ
‥そろそろ やしょくの じかんだ‥


Gaoさんと婆やの真ん中はアパッチの定位置(6月7日撮影)
アパッチ
‥ここは ぜったい あんぜん。タロも てがだせないにゃ‥


Gaoさんに腰をパンパン叩いてもらう(6月7日撮影)
アパッチ
‥もっと しっかり たたけぇ〜‥



アパッチよ、もう少し…いんやっ!
もっともっと猫生を楽しんで、元気に生きておくれ。(6月7日撮影)
アパッチ
‥シーバの カリカリは いつ とどくのかにゃ?‥



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ネットで調べていたら、突然視力を失った高齢猫について
...危険だし、トイレの失敗もあるからケージで生活させるように...
とアドバイスしている獣医がいた。
ネコは、目が見えないくらいでトイレを失敗したりはしないのに・・・
この獣医は、ネコのことがわかっていないとおもう。。。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -





〜*〜*〜*〜*〜
アタシも アパの はこに はいって みたのにゃ
にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。

*Gaoさんのひと言‥「だいぶん慣れて落ち着いてきたけど、もう少しやね」
アパッチ君でも見えないながらもお尻尾ピーンとたてて、慎重に歩いてる。立派だなあ~と思いました。すごいよアパッチ君。
うちの藍は見えているのに始終あちこちにぶつかっているので…猫は毛のクッションもあるし、ぶつかってもあまりいたくないのではないかと…思います。そう思いたい。
全盲の猫ちゃんでも普通に生活しているということ、たまにブログなどで読みますが。
猫はもともと五感が優れた動物なのだから、そのうち慣れると思います。アパッチ君がんばってね。ジグザグさんたちもがんばってください。
[ 2014/06/09 21:22 ] [ 編集 ]
友人が生まれつき耳の聞こえない猫を飼っています。
後ろから近寄らずに正面から見える位置にいることとか
呼んでも聞こえないので振り向かせたいときには、
息を吹きかえるとかするのです。
耳が聞こえないのでほとんどなきません。
アパッチ君は生まれつきではないので、
見えないことに慣れるまで時間がかかるでしょうね。
ZIGZAGさんとGAOさんの間の特等席にいれば、
賢いアバッチ君なら大丈夫、応援しています。
[ 2014/06/10 06:24 ] [ 編集 ]
ウチのコも長生きしてくれたら、いろんな症状が出てくるだろうけど
どうしてあげるといいのかなぁ と思いつつ読まさせてもらっています。
「混乱して途方にくれる」っていうのが切ないけど、
ばあやさんにはアパッチくんのココロがしっかり伝わっているようで、じーんとしました。
そう、アパッチくんはカシコイから、きっと自分でも工夫して順応してくれると思う。
そうなってきて、どんどん元気も出てくると思う!
[ 2014/06/10 18:11 ] [ 編集 ]
アパッチ君たくさんご飯食べて体力つけてね(^o^)
ニャンコは賢いから きっと大丈夫♪
[ 2014/06/10 19:39 ] [ 編集 ]
◆Kotoraさん
アパッチは、朝は何度も寝床を出て活発に動きます。
昼間は寝てばかり。ゴハンとお水を出前しているので、期待しているようです。
ちょっと甘やかしているかもしれません。
でも、これから育つ子猫になら、少々厳しくできると思いますが、
19歳になってこんなことになってしまったアパッチにはできません...。

◆ココ25さん
耳が聞こえないのも大変ですよね、きっと。
アパッチがこうなってから、私は猫の気持ちを
わかってやれないなぁ、とつくづく感じました。
それと、ジグは目が悪かったけど、何かしら
少しは見えていたのかもしれない、とも思いました。
少しゴキゲンに過ごせるようになってきたのが救いです。
迷っているときに「こっちよ」と言っても絶対に聞く耳をもちませんが、
このあまのじゃくな性格を発揮しているうちは大丈夫かなとも思います。

◆あなごさん
ホント!、どうしてやるのがいいのか、わかんないんです。
ほんの1m四方くらいの狭い空間も、小さな猫にとっては広いんですよね。
たとえ目をつぶって家の中を歩いてみても、私にはアパッチの辛さや苦労をわかってやれません。目が見えなくなっていいことなんかないと思うけど…、でも、目が見えなくても楽しかったり、嬉しい事はあるんだ、と思ってほしいです。

◆みーこままさん
ありがとうございます。
アパッチのためにいろいろフードを買い込みましたが、ワガママ言います。
でも、アパッチが拒否ったものは、タロウがおいしそうに平らげます。(^^;)
[ 2014/06/10 19:46 ] [ 編集 ]
お見送りで壁にゴチッとぶつかる様子を見て心配しました。
2日間も引きこもったなんてGAOさん&ジグザグさんの気持ちを考えると言葉もありません。
焼きカツオは大好きなんですね・・・ちょっと安心。

私思うのですが、人間よりニャンコの方が生きる事にずっと前向きだと思うのですよ。
アパッチ君、シーバのカリカリたくさん食べて下さいね!
[ 2014/06/10 21:48 ] [ 編集 ]
アパッチくん、意欲が出てきたみたいでよかったですね。
見ているジグザグさんは辛いでしょうけど、猫さんは「昔はよかったのに今は…ぐしゅぐしゅ」みたいなことは考えないですもんね。
今、美味しい、気持ちいい、と思えるものがあれば幸せでいられるはず。アパッチくん、「焼かつお」やシーバの出前をしてもらって、特別扱いでちょっといい気分になってくれたらいいな。

トイレの失敗があるからケージに入れろだなんて、人間中心もいいところですね!トイレが見つけにくければ人間がそばへ持って行けばいいだけなのに!(アパッチくんはそんなことするとわざと違うところへ行っちゃうかもしれないけど。(^^;)) 人間がそばにいられないときケージに入ってもらうのはありかもしれないけど(どこかに挟まったり落ちたりするのが心配になるほど体力が落ちてくれば)、少なくともアパッチくんはまだそんな必要ないですね。
[ 2014/06/11 00:14 ] [ 編集 ]
高齢になってから見えなくなって、なかなか慣れないのでしょうね。
それでも少しずつ、対応できてきたようでよかったです。
アパッチくんが少しずつ慣れていくように
ジグザグさんのお世話もうまくなっていくんだと思います。
それまで大変だけれど、応援してます。
[ 2014/06/11 00:25 ] [ 編集 ]
アパッチ君、どうしているかなあと思っていました。
食欲がもどってきてよかった~!と思いました。
>そして、ゴハンも食べなくなった。
で焦りましたからね、私は…(~_~;)
美味しいものを食べて、草も食べて、すきなお布団に入って猫生を楽しんでね。
私も人生楽しまなくっちゃ~
[ 2014/06/12 23:17 ] [ 編集 ]
◆ぽん吉さん
猫って、手探りでは歩けないんですよね。(当たり前だけど...)
ゴチンゴチンぶつかるので「アブナイ!」には反応するようになりました。
でも、「こっち」は絶対に聞く耳を持たなくて、あっちに行っちゃいます。。
食欲は、やはりちょっと落ちていると思います。
シーバもそっぽを向いたので食べないのかとガッカリしましたが、
そばに置いておくと、いつの間にかなくなります。(^^)v

◆MMMさん
そうですね。猫はぐしゅぐしゅ考えない。
「目的地に到達したぞー!」と雄叫びを上げるけど、
どんなに迷っても「ここはどこー?」とは鳴きません。
ゴハンとお水を出前するので「お水」という言葉をはっきり覚えたようです。
「右」と「左」も教えたいんだけど・・・、これはなかなかです。

◆りきさん
目以外は問題なさそうなので、このまま元気に過ごしてほしいです。
それが、見てるときはあちこち迷ってハラハラするのに、
見ていないときは、えらくあっさり目的地に行き着いていたりします。
焦るとわかんなくなっちゃうのかなぁ??

◆はるはるるさん
ゴハンを食べなくなったときには、私もGaoさんもホントに焦りました。
今日は、お昼からずっとリビングで過ごしています。
ツメを切って、体も拭いてブラッシングしました。
案の定、ものすご〜く怒られました・・・。
[ 2014/06/14 00:22 ] [ 編集 ]



コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する