...3 cats in 香港...
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
ジグベェのしっぽ その他(猫日記) ≫ 思いがけない猫友達

思いがけない猫友達

【Gao家のパルプンテ__元気そうでしょ】
タロウ
 年末に馴染みの寿司屋に行ったときのこと。
Gaoさんが店の主人に「今年はどうでしたか?」と問うと(‥社交辞令デス‥)、主人は「人生が変わった」と答えた。(‥!??‥) 一体どうしたことかと思ったらば、「○月○日から猫を飼い始めた」という衝撃の告白。(‥思わず「ウソー、似合わ~ん」と言ってしまった。ゴメンナサイ‥)
私たちの隣、カウンターの中央には豪勢に飲み食いする3人のおばはんがいたが、猫の話題が始まると全員が「スーッ」と引いたように感じられたから、私は、主人の話を聞きたい気持ちを抑えたのだけれど‥、でも、愛猫のことを語リ始めた主人はもう誰にも止められなかった・・・。

 猫は、半年ほどのメスの茶トラ、名前はノラ猫「マリ」の子供だから「マリコ」、そして我が家のイイチャンと同じく片目で、残っている目もほとんど見えていないらしい。
互いにペットが猫というだけでも親近感を覚えるのに、母猫からあずかった片目の子猫、ノラを続けている兄弟猫には「タロウ」「ジロウ」と名付けたこと、そしてうちには目の見えないジグもいたし、いろんな共通点があって、そ~りゃもぉ(!)、盛り上がってしまった。
その間、となりの3人はひと言も発しなかったから、あれは「ウルトラ猫嫌い」に違いない。

 猫の話をする主人は目元がウルウルしちゃって、もう完全な「猫バカ」。すっかりマリコに悩殺されている。
それまでは閉店後にあちこちに行って食べていた夜食も、今では「うどん一辺倒」になって、急いで食べてすっ飛んでマリコの元へと帰るらしい。そして「寿司屋は手が命」だから、ゴム手袋の上からさらに軍手をはめてマリコと遊ぶのだそうな。
「それなのに、最近は呼んでも知らんぷりするんだ」と悩ましげ。(‥ウフフ、そうして躾けてるつもりの猫にいつのまにか躾けられちゃうのよね。主人がもの言わぬマリコの後ろ姿を見ただけで扉を開けてやったりするようになるのも、時間の問題だワ‥)

 普段は無口なおかみさんも加わって話ははずみ、お勘定はいつにも増して安く♪、帰りにはわざわざ店の外まで見送ってくれた。私、意気投合したGaoさんと店の主人は、冬空の下で抱き合うんじゃないかと思っちゃった‥。知り合ってかれこれ20年以上経った今になって、それくらい急速に互いの距離が縮まった。猫の魔力はやっぱりスゴイのだ。
(Gaoさんたら「足らない分の勘定は、隣の猫嫌いから取ればいいんだ」だって!?、‥いかんなぁ‥)

‥てなわけで、思いもかけない所で思いもかけない人と「猫ともだち」になった、2008年の年の瀬でありました。

【Happy new year!】
タロウ
この写真のタロウ君、飛んでるように見えない?
本当は寝ころんでるんでしょう?
こんなにジャンプできるくらい元気になりましたっていう
写真なのかと思った・・・。

元気になってよかったね。
[ 2009/01/06 23:46 ] [ 編集 ]
そう言われれば
飛んでるように見えるぅ~?・と思いつつ、
メガネをはずして見たら、確かにそう見えた。
上の写真でしょ。

タロウは本当に跳ね回れるほど元気になったけれど、
たま~に「ケホ、ケホッ」と厭な咳をして‥、
make me nervous...なのです。
[ 2009/01/07 11:27 ] [ 編集 ]



コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する