...3 cats in 香港...
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
ジグベェのしっぽ 毛球症 ≫ いよいよ下(しも)の話

いよいよ下(しも)の話

(※ 注意:タイトル通り汚い話です)

 これは私個人の見解だけど、タロウのあの様子は、まだ詰まっていたものがすっかり出たわけではないと思う。
先週水曜に浣腸されて以後、入院中は一度も便通はなく、退院した日にやっと少し。そして昨日・・、出た!
消化剤の影響か多少ゆるめなるも、量はたっぷり。ンなものはなるべく見たくはないが、「やっぱ調べねばなんねぇ」と覚悟して検便いたしました。
割り箸が見当たらず、仕方なく爪楊枝でウ○コをかき分けてみると・・・、そりゃもう、毛がいっぱい混ざっておりました。(しかし、爪楊枝ではいかにも心許なかった‥)

 この大作の後、タロウは明らかに様子が好転。スッキリしたらしい。これが、もう何度かあれば治るのではないかしら?
一昨日までは、寝姿も「うずくまる」だったのが、昨夜は、横になり手足を伸ばして寝た。

 ところで、タロウにかまけていたら、アパッチが荒れてます。焼き餅らしい。
今朝タロウに薬を与えた直後、突然アパッチがイイチャンを襲った。イイチャンが恐怖で失禁しちゃったほどにひどく襲った。。。
あの子は、気を引くために私の最も厭なことをしてみせる。もちろんキツ~く叱ったけれど、これがまた叱ったきりだと、再び何かやらかすのよね。それもどんどん悪くなる。(アイツは、カッと癇癪を出して、テーブルの上でオシ○コした・というキョーレツな過去があるのダ)
だけど、毎日ちゃんと心がけて、かまって沢山なでてやれば、アパッチは落ち着いたお利口年長猫になる。
‥ったく、素直に甘えればいいのにねェ‥
こんなときにジグがいてくれたなら、アパッチをかまってくれるし、且つ猫たちを上手くまとめてくれるんだがなぁ‥。

 イイチャン?、イイチャンは大丈夫。突然のことでビックリしたけど、あの子は勝ち気だから、襲われたからといってオドオドしたりはしない。それに「ママはイイチャンのもの」なのを彼女はよく知っているし‥ネ。
あ*そういえば‥、Gaoさんも「何でタロウはアンタにばっかり甘えるんだ」って、拗ねてる・・・。

【この体格差で襲うのは、反則だ!】
アパとイイ



コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する