...my dear cats ☆...
ジグベェのしっぽ タオルでスリッパ ≫ タオルスリッパ..[3] 底を編む(前半)

タオルスリッパ..[3] 底を編む(前半)

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

前回作った編みヒモで、スリッパを編んでいきます。

写真が多くおそろしく長いので、「前半」と「後半」との2回に分け、次の順序で解説していきます。


(※クリックすると、それぞれの項目へとジャンプします)


《前半》(この記事です)
1. 編み始め(1本め)の編みヒモを準備する

2. ロープで「編みしん」を作る

3. かかとから編み始める

4. つま先までを編む

《後半》(ここからは次の記事になります)
5. 編みヒモの付け足し方

6. 編み終わり(つま先)の処理

7. 編みしん(ロープ)の始末



1. 編み始め(1本目)の編みヒモを準備する



1本めの編みヒモは、外側のタオル地をたぐって中しんを出します。
(やはりじゃまアシストしてくれるタロくん…)
タオルスリッパ_編み方


そして、中しんの先端を7〜8cmほど切り落とします。
タオルスリッパ_編み方


中しんを切り落とした側のタオル地を斜めに切っておきます。
タオルスリッパ_編み方






2. ロープで「編みしん」を作る



長さ2mのロープを輪にして、端から10cmほどのところを結びます。
タオルスリッパ_編み方


ロープの結び目を手前にして両足の間を通し、左右の足をはさんで折り返し、ロープの「わ」と「結び目」を重ねます。
タオルスリッパ_編み方


まず、左足の内側のロープを右足の親指にかけます。
タオルスリッパ_編み方


次に、右足の内側のロープを左足の親指にかけます。
タオルスリッパ_編み方

※必ず、この順番(先に左側を右親指にかける)でロープをかける!


4本のロープの長さが均一になるようにして、中央をセロハンテープで止めます。(ここでは目立つように黒いテープを使用しています)
タオルスリッパ_編み方


- - -《ヒント》- - -

テープは、編み終わった後に取り除くので、あまりしっかり止めすぎないように。






3. かかとから編み始めます。



ヒモの番号②と③は結び目の上部、①と④は「わ」になってつながっています。
タオルスリッパ_編み方

- - -《言い訳》- - -

本当は足にロープを引っ掛けた状態で編みますが、ここではカメさんの助けを借りてテーブルの上で撮影しています。なので、編み目もあまりきれいではありません。


「わ」になっている①と④の中央に、斜めに切っておいた1本めのヒモを4cmほどかけます。
タオルスリッパ_編み方


半分ほど重なるようにして、ヒモをひと巻きします。
タオルスリッパ_編み方


そして、①の上を通し、さらに②と③の下側を通して、④の上に出します。
タオルスリッパ_編み方


巻き始めのヒモ先にボンドをつけます。
タオルスリッパ_編み方


長い方のヒモを重ね、接着します。
タオルスリッパ_編み方


次に、④の下を通し、②③の上を通して、①の下に出します。
タオルスリッパ_編み方


ヒモの間に指を入れ、編み目を引き締めます。
タオルスリッパ_編み方

ここがかかとになります。





4. つま先までを編む。



上からの続きです。
ここからつま先までは、同じ編み方の繰り返しになります。
タオルスリッパ_編み方


ヒモに指を通したままの状態で、①の上②の下③の上④の下へと編みヒモを通します。
タオルスリッパ_編み方


一旦、指を引き抜き、編みヒモの上に3本指を入れます。
タオルスリッパ_編み方


指を閉じ手前に引いて、編み目を詰めます。
タオルスリッパ_編み方


人差し指だけを抜き、④の上③の下②の上①の下へと編みヒモを通します。
タオルスリッパ_編み方


右端を押さえます。(小指で押さえていますが、右手で押さえるといいでしょう)
タオルスリッパ_編み方


指を抜き、編み目の上側に再び指を入れます。
そして、指を手前に引いて、編み目を詰めます。
この行程を繰り返して、つま先までを編んでいきます。
タオルスリッパ_編み方

- - -《ヒント》- - -

□ 編み目をあまり引き締めすぎると、出来上がりは固く、重たくもなります。ゆる過ぎず、キツ過ぎず、この加減がなかなか難しいです。

□ 編むときは、はじめに作っておいたスリッパの型紙に合わせながら編み進めるとうまく編めます。




編み方の「後半」へと続きます。



コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する