...3 cats in 香港...
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
ジグベェのしっぽ スポンサー広告 ≫ スポンサーサイト≫ アパッチ ≫ またいつか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)|  ▲ 先頭にもどる ▲

またいつか

‥じゃあ、またね‥
アパッチ
(アパッチ・20歳と2ヶ月 / 2月26日撮影)


3月2日18時半過ぎ、アパッチは遠くへ旅立ちました。

またいつか・・・きっと会えるよね。





アパッチ、今頃はきっとジグと一緒にいると思います。
アパッチのことを気にかけ、見守ってくださった方々に
心よりお礼申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。



全然気持ちの整理がつかなくて、ちゃんと書ける自信がありませんが・・・

それまでは毎日用意したゴハンをほぼ完食していたアパッチの食欲が急に落ちたのは2/28でした。 同じ頃に、あちこち歩いている最中に時折ボォ〜と長い時間立ち止まるようにもなり、それは歩き疲れて動けなくなってしまっていたのとは、何か少し違うような気がしました。そして顔つきが少しきつく(笑顔がない)、どこかしら不快なのではないかと思いました。よく見ると、呼吸も速いようでした。(数えてみると「46回/分」で、平均は20〜30くらい?)

だから、3/1に翌朝の病院の予約を入れましたが、食欲がすっかり落ちてしまわないうちに「念のため」くらいの気持ちでした。
病院へ行った前の晩は、ジブンでベッドに上がりGaoさんの隣で寝て、夜中の間には、トイレで排尿排便もしていました。そして朝は、水を飲んだり部屋の中を動いていていつもとさほど変わった様子ではなかったけれど、ただ相変わらず呼吸が少し速いようでした。

病院では血液検査を受けました。腎臓機能の数値が以前より悪化していましたが、白血球は正常で、炎症などは起こしていないようでした。
だけど、病院で採血して検査結果を待っている間にも、だんだん元気がなくなっていくようで・・・、そして家に帰ってからも見る見る弱っていって、朝までは歩いていたのに、立ち上がることも困難になり、息づかいもどんどん悪くなります。
立ち上がれずにバタンと倒れるのに、それでもアパッチは動こうとします。時間をかけて少しずつ動いてカーペットの端まで移動して、何度目かに倒れた時、フトンを敷いてそこに横たえてやりました。
目からは険しさが抜けたと思い、写真を撮りましたが、でも、それは気分がよくなったからではなくて、弱っていたからなんだと後になってわかりました。
アパッチ
(3月2日撮影)

この撮影後のことは、もうはっきりとは思い出せません。
アパッチは時折大きく息を吸い込むようになり、あっという間に呼吸困難に陥り、そして私たちがうろたえ慌てている間に、アパッチの呼吸は止まってしまいました。
病院へ行く時には予想だにしなかったアパッチの急変に慌てふためき、Gaoさんは「アパッチしっかりしろ」とアパッチの体を揺さぶりました。でも、もう呼び戻さなくていいから…とGaoさんを制しました。

アパッチ
(2月23日撮影)

あんなに頑張って元気になってくれたのに、こんなにもあっけなくアパッチは逝ってしまいました。 急変と書いたけど、何かしら大切なことを私が見落としてしまっているだけで、急変ではないのかもしれません。いろんな思いが頭の中を駆け巡ります。後悔ばかりです。そして悲しくて悲しくて・・・動かなくなったアパッチを飲み込めるものなら飲み込んで、自分の体の一部にしてしまいたいと思いました。
ただ唯一の救いは、こと切れた後のアパッチが穏やかな顔をしていたことです。まだ毛艶もよくて、相変わらず可愛くて、死んでも尚10歳は若く見えました。(親バカだけど…)
今日の午後、アパッチを荼毘に付しました。(Gaoさんは、アパッチが脳内出血を起こした去年12月すでにペットの葬儀社をみつけていたらしい…。どんなに切なくても、飼い主としては必要なことなのよね。私は今日、火葬の点火スイッチを押すことすらできなかった。ホントにへなちょこ飼い主。。)
いつかまた会いたいけど・・・アパッチは私のことを待っていてくれるかな??・・・あまり自信がありません。
あああ!
zigzagさん、お辛いですね。
27日、28日のアパッチ君のようすを読んでちょっと心配だな、と思ってはいましたが、もう一度しばらくは元気な姿を見せてくれるんじゃないかとも思っていました。それが、こんなに急にだなんて。

まだちょっと早いよ、アパッチ君。20歳の子が大きなケガを乗り越えてご飯を完食するまで頑張ってくれたんだもの、それ以上を求めたらいけないかな。でもでも、もうちょっとあたたかくなるまであたたかい体でいてほしかった。

ちょっとほわんとしたお目々で、でも体はがしっと「自分で立つぞ!」と意地を見せてるアパッチ君、最高に可愛くてかっこいいよ!若い頃のアパッチ君も可愛いけど、20歳のアパッチ君が最高だ!こんな猫他にいない。ジグさんによろしくね。
直接会うことはなかったけど、いつかそちらの世界で会おうね。

お辛い中、ご報告ありがとうございます。
どんなに泣いても悲しみは癒えないと思いますが、耐えてくださいね。
[ 2015/03/04 01:39 ] [ 編集 ]
ああ、アパッチくん。
アパッチくんは立派でした。
可愛くてかっこよくて、長生きして、事故も乗り越えて
下僕のGAOさんとzigzagさんにいっぱい尽くさせて。
どんなわんこやにゃんこも立派だけれど
本当にアパッチくんはかっこよかったです。
ご冥福をお祈りします。

アパッチくん、絶対に待ってますよ。
ジグさんとピクニックしながら待ってます、きっと。
[ 2015/03/04 15:50 ] [ 編集 ]
アパッチ君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

アパッチ君はきっと虹の橋で
楽しく走り回っていると思います!
そしてzigzagさんご夫婦の愛情を
たっぷり受けて本当に幸せだったと思います。
[ 2015/03/04 15:50 ] [ 編集 ]
なんと言っていいか分からないくらい寂しいです。

お医者様から安楽死をもすすめられる様な深刻な状況から、自分で立って歩くという奇蹟的な回復をみせたアパッチ君。
GAOさん・ジグザグさんの献身的な介護で最後まで猫生をまっとう出来たんだと思います。

愛する者とお別れするのは身をきられるような辛さです。
お知らせありがとうございました。
[ 2015/03/04 22:26 ] [ 編集 ]
頑張って元気になったのに…残念で寂しくて悲しいです。
でも、とっても充実した幸せな一生だったことは間違いありません。
皆さんも書いていらっしゃる通りです。
可愛くて賢いアパッチ君から、いろんなことを学びました。
アパッチ君に出会えてよかった!
ご冥福をお祈りいたします。
[ 2015/03/04 23:38 ] [ 編集 ]
26日の童顔で可愛い目をしている写真をみると
まだ信じられない気持ちです。
獣医さんが驚くほど回復したのは、ZigzagさんとGaoさんが
一生懸命に看病したからですね。
アパッチ君も頑張って偉いなと思っていました。
限りがある命とわかっていてもせつないです。


[ 2015/03/05 05:52 ] [ 編集 ]
今日ちょうどうちの子手帳の記事を書いていて、リンクのためにこちらに久しぶりに伺ったんです。そしたら…。ああアパッチ君。
また長いことご無沙汰してしまっていたら…。
アパッチ君寂しい…。
ジグザグさん、寂しいですね。
でもアパッチ君本当にすごい猫だったと思います。
アパッチ君が頑張ってるのを見て、私も頑張らないと、って思ってました。
アパッチ君のことずっと覚えておこうと思います。
アパッチ君、またね。
ご冥福をお祈りいたします。
[ 2015/03/05 06:35 ] [ 編集 ]
悲しくて寂しくて切ないです。。。
私とアッパチくんは何年のつきあいだったのかな?
もうすっかり自分の身内みたいに思って見ていましたよ。
口の周りの白いのがかわいかった。

ジグザグさんとしっかり濃い時間を過ごしていっちゃいましたね。。。
私もずっと忘れません。
楽しい日々をありがとね。
[ 2015/03/05 21:55 ] [ 編集 ]
皆さま、温かいコメントをありがとうございます。
個別にお返事できなくてごめんなさい。
あの日、病院でも元気がなくなっていきましたが、それでもアパッチは、家に帰ると自分で水を飲みに行き、ベランダにも出ました。だから、その日のうちに逝ってしまうなんて考えもしませんでした。でも、最後に横たわっていた姿は、まるで残っている命の炎を燃やし尽くしているように見えました。
20歳は高齢ですが、本来のアパッチの体にはまだ生きる力が残っていたと思います。写真や動画を見ると、あの事故の前までのアパッチはまだまだ元気なのです。あの事故で寿命を縮めてしまって、体力を使い果たしてしまいました。まだ生きられたコを、私のせいで死なせてしまった、しっかり最期まで生きさせてやれなかった、という思いは、これからもずっと消えることはないと思います。
ですが、もしもアパッチが回復せずに、あの時に息絶えていたとしたら、私のこの思いは今よりもっともっと強かったはずです。頑張り屋のアパッチに救われたのは私の方なのです。
アパッチがいなくて本当に寂しいです。この1〜2ヶ月のアパッチはあちこちを動きまわっていたから、家中アパッチの思い出の場所がいっぱいで、ついそこにいた時の姿を思い出し、悲しくて泣いてしまいます。でも、私は大丈夫です。今も、寄り添ってくれるイイチャンのぬくもりを嬉しく感じることができます。イイチャン、「遊んで」「かまって」となんだか要求が激しいです。ずっとアパッチ中心の生活だったから、やはり我慢させてしまっていたんだと思います。イイチャンとタロウがいるのに悲しいんでばかりいては、また大切なことを見落として、同じ過ちをくり返してしまう..と肝に銘じています。
[ 2015/03/06 14:33 ] [ 編集 ]
- - -【 スポンサードリンク 】- - -



コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。