...3 cats in 香港...
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
ジグベェのしっぽ アパッチの経過記録 ≫ 2015年1月9日からのアパッチ

2015年1月9日からのアパッチ

これは、2014年12月に脳内出血を起こしたアパッチの経過記録です。(随時更新)
(*前回の記事→『2014年12月9日〜2015年1月8日のアパッチ』)



- - -《2015年1月9日〜2015年1月31日のアパッチ》- - -

1/09 - Fantastic!
1/10 - 夜中におたけび
1/11 - まだまだ手助けは必要
1/12 - ベッドに上がった!
1/13 - 右回りにまわる
1/14 - あちこちへ移動
1/15 - 箱御殿に上がった!
1/16 - ゴハンを吐いてしまった
1/17 - おとなしい一日
1/18 - 転ばなくなった
1/19 - タロウの寝床がお気に入り
1/20 - ジブンでリハビリ?
1/21 - ハードなリハビリ
1/22 - トイレはジブンで行く
1/23 - 緑の袋はおたけびスポット
1/24 - いつもより動きが少ない
1/25 - 歩き方が変わった
1/26 - 床払い
1/27 - good to see you
1/28 - バカでかい雄叫び
1/29 - ゴハンは食べさせてほしい?
1/30 - タロウと一緒に夫の側で寝る
1/31 - 生活のリズムを取り戻した


○1月9日(金)『Fantastic!』

今年になって初めて病院へ。2週間ぶりに会うケンダ先生は、アパッチがベランダで草を食べるビデオを見て「まるで別の猫だ」と驚き、「Fantastic!」と喜んだ。朝排尿していないので圧迫排尿。アパッチは抵抗したがたっくさん出た。
水を飲まないのは、輸液とウェットフードのせいではないか、と先生は言う。
筋力が落ちているからとアナボリックステロイド(筋肉増強剤)を打つ。ビタミンのサプリもくれた。こうして体力を回復させるための処置ができるようになるなんて本当に嬉しい。診察台で、アパッチはしっかり四つ足で立っていた。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《処置》・筋注(Stanzol)・圧迫排尿
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


朝ゴハンは完食。日向ぼっこさせると、またジブンでカゴの中へ移動した。寝床にもどすと、テーブルの下へ。あちこちへ動けるようになって、丸く仕切ってあったサークルの中だけだった寝床が、ホカペ全体へと広がったようだ。
夕飯は完食し、寝床にもどすと、私の足元まで来て寝そべった。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月10日(土)『夜中におたけび』

夜中に大きな雄叫びを上げた。私は起き上がれず、声をかけただけでまた寝てしまったが、再び大きな声を出すので(どれくらい経ってかは不明)、起きて見に行くと、アパッチは食卓の椅子の下にいた。事故前に使用していた食卓の下にあるトイレが濡れているのは、もしかしてアパッチなのか??
朝、寝坊した私が起きたときには、寝床の側のトイレが濡れており、すでに排尿をすませていた。毛布をめくって声をかけると少し返事して、テーブルの下へと移動。

朝ゴハンを食べた後は、夫の足元へと行き、腰をパンパン叩いてもらう。
アパッチ(ジブンでここへ移動した)→
日向ぼっこしていた窓辺から、ジブンでホカペの上へともどる。おやつのちゅ〜るを与えようと抱っこしたら、足が濡れている。いつの間にか窓際のカゴの中で排尿していたからだった。。おやつの後は、夕飯までぐっすり寝ている。

夕飯は完食して、また「おろせ!」と騒ぎ、本当にジブンで寝床へおりて行った。昨日までは、そっと寝床に横たえてやっていたのに、アパッチはすごいなぁ。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月11日(日)『まだまだ手助けは必要』

朝、寝床がオシ○コでビッショリ濡れていた。。(たぶん気づいたのは直後のことで、ムートンの敷物のおかげでホカペまでは到達していなかった)前日のカゴの中での粗相に続いての失敗。排尿はもうジブンの意志でできるからと、アパッチまかせにしていたが、まだまだ時間を見計らってトイレに入れてやらなくちゃ。目は見えないし、それにもう20歳なんだもの、手助けが必要なのは当たり前だ。でも、9日に病院で先生がして以来、一度も圧迫排尿せずにジブンで排尿しているだけでもすごい進歩だ。

朝ゴハンは完食。輸液はジッとしているが、終わってからもいつまでも文句を言っているから、夫に「もう終わったがな」と言われる。
日向ぼっこしているが、落ち着かないのでトイレに入れてみる。が、排尿はせず。寝床にもどすとそのまま横たわっていたけど、ゴソゴソ動きだし、ジブンでトイレへ行って排尿した。そろそろ便がたまる頃なので、お腹をマッサージしてみる。マッサージの後は、テーブルの反対側へ移動して寝ている。

ちゅ〜るとサプリを与える。嫌いなビタミンは、スライスして上アゴにくっつければ、水なしでも飲み込んでしまう。ヒザの上でしばし首のマッサージをして、寝床にもどすとテーブルの下へと移動。

夕飯は完食。夕飯の最後にいつものようにスポイトで水を与えると、珍しくピチャピチャと水を飲んだ。そして今日もまた、ジブンで私のヒザからおりて行った。
寝る前にトイレに入れたら、しつこくクルクル回って(排尿前の儀式)、いざ排尿の時にバランスをくずしてしまった。尿はしっかり出たが、トイレから寝床にもどしたままの姿勢で動かず、ぐったりしている。クルクル回りすぎて疲れたのか?

▲ TOPへ戻る ▲


○1月12日(月)『ベッドに上がった!』

朝、やはりテーブルの下にいる。トイレに入れると、少しだけクルクル回って排尿。(疲れるからクルクルは端折った方がいいとアパッチも思った..とか??)排尿後、水を差し出すと飲んだ。
朝ゴハンのあとも、スポイトからピチャピチャと水を飲んだ。ずっと水を飲まなかったのは、やはり何かしら理由があったのかしら? 食後は、テーブルの下でよく寝ている。外は冷たい雨が降っていて日向ぼっこできないから、昼間も湯たんぽを入れてやる。

お腹に便がたまっている。排便で力むと吐くことがあるので、夕飯は後回しにしてお腹をマッサージ。少し嫌がったが、トイレに入れると力み始めた。出にくそうなので、少し手助けしてやると、大体の量が出た。が、まだお腹に残っているのがわかるので、(このまえのようなことになってはかなわんので...)その後もしばしマッサージしてみたが出なかった。
しつこいマッサージがイヤだったのか、アパッチは寝床を出て、食卓周りや寝室にまで遠征。途中、以前いつも飲んでいたイイチャンの水を飲み、タロウのゴハンを食べたりもした。寝室ではバスルームの猫トイレをチェックし、(このあとベッドの下に入り込んだので、しばし放っておいてから、再び見に行くと)ベッドに上がっていて(!)、以前のジブンの箱ベッドにも入った。アパッチすごい!

夕飯は遅くなったが完食。スポイトで水を飲む。その後は、テーブルの下で朝まで寝た。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月13日(火)『右回りにまわる』

明け方、水を差し出してみるが飲まない。6時半頃、起きて動いているのでトイレに入れたが、クルクル回った勢いでトイレから出てしまったところで排尿を始めてしまう。。
朝ゴハンは完食し、スポイトから水を飲む。今日も雨で天気が悪いから、食後はテーブルの下でずっと過ごす。午後なってソワソワ動くのでトイレに入れると、すぐに排尿。それから寝床へはもどらず、イイチャンの水を飲みに行き、その後は右回りにクルクル回って堂々巡りしているので、寝床にもどす。疲れたようで、ずっとそのまま2時間以上寝た。

水を飲んだ後、右回りにまわるアパッチ(秒)


午後、ちゅ〜るを与えて寝床にもどすと、立ち上がってトイレに入る。が、何度かクルクル回って中で寝そべってしまう。昨日し残したウンPがしたいかもと思い、マッサージしてみる。指先に便を感じるが、結局出ず。その後は再びテーブルの下。(テーブルの下で過ごすようになったのは、私の手が届きにくい、つまり、かまわれたくないからだと思う…)

今日から、夕飯の時間を少し早め(7時過ぎ)に。夕飯はプラウンジェリーを完食。ゴハンは、ヒザの上に乗せ、首にタオルを巻いて、ひと口ずつ口に入れてやる。アパッチはジッとして、顔を上に向け、ゴハンが口に入るのを待っている。そして、食べ終えて口の周りを拭いたりしてもおとなしい。ゴハンを食べさせてもらうのは好きなんだと思う。でも、それでも素直には口を開けないところがアパッチらしい。。(開けてくれれば半分の時間ですむのに...)食後は、寝床に横たえたままジッとしている。疲れてる?

夜、トイレに入れたがなかなかしないので、お腹のマッサージをしてみようと思い、体を横たわらせたのと同時に排尿を始めてしまった。すまん、失敗した。。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月14日(水)『あちこちへ移動』

夜中にゴソゴソ動くのでトイレに入れてみたが、トイレを出てキッチンの方へ行き、キッチンのドアの前で動かなくなる。寒いから寝床にもどし、首をマッサージしながら寝つかせる。(首のマッサージはいつも気持ちよさそうで拒絶しない)朝までそのまま寝ていた。
朝トイレに入れると、トイレの中に横たわってしまった。このところ失敗続きなので、久しぶりに膀胱を圧迫して排尿させる。今日からは朝食も少し早めに。金缶のマグロはとびきり好き。また一つおいしいものがみつかってよかった。

アパッチ(2日ぶりの日向ぼっこ)→
今日は天気がよく、窓辺で気持ちよさそうに日向ぼっこしていたが、「ウワ〜ン」と鳴くので水を与えてみると少し飲んだ。 アパッチがなんとなく落ち着かないので、そろそろウンPではないかとマッサージしてみるが出ない。

あちこちへ移動する。食卓の下のトイレへ行き(用は足さず)、イイチャンの水を時間をかけてたくさん飲み、居間を出て寝室へ。ベッドの下に入ってしまったので、少し時間をおいてから様子を見に行くと、またベッドの上に上がり、タロウ(上がって来たアパッチに驚いておりて行った)が寝ていたマットの上で気持ちよさそうにお日様を浴びている。そしてお日様の移動に合わせて、箱ベッドへと移った。
アパッチ(ベッドに上がった)→
行動範囲が広がったが、動きは遅く、やはり右回りにクルクル回るので、どこへ行くにもすんなりとは行き着かず、時間がかかる。そして、動くとやはり相当疲れるようだ。(たまに驚くほど早く移動することもある)
目を悪くしてからのアパッチは、事故前でも、トイレに行きたくて焦っているときなどは、クルクル同じところを回る傾向にあったので、後遺症なのかどうかわかりづらい。たぶん両方なのだろう。

箱ベッドでそのまま寝させておいたが、ベッドをおりるときに落ちては大変なので、迎えに行き、居間でちゅ〜るとサプリを与える。動き回って疲れたのか、夕飯までよく寝ている。
私がイイチャンたちのゴハンの用意を始めると、その音を聞いてアパッチがソワソワしてテーブルの下から顔を出したらしい。夕飯はほぼ完食。お腹がいっぱいになってくると「ウ〜ウ〜」文句を言うようだ。
食後にトイレに入れ、ほんのちょっとだけその場を離れたら、な、なんと、トイレを出て私がいつも座るビーズクッションの上で排尿し始めていた。・・・いくらなんでも、そりゃあんまりだよ、アパッチ。。食後はよく寝ている。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月15日(木)『箱御殿に上がった!』

夜中の3時半過ぎ、ジブンでトイレへ行き排尿。朝、ちゃっかりタロウの寝床で寝ていたが、起きて動き始め、食器棚の下の隙間に入り込んでしまった。助け出して、水の場所に誘導すると、時間をかけて水を飲み、テーブルの下にもどった。

アパッチ(箱御殿で得意顔)→
朝ゴハンは遅らせ、お腹のマッサージをして排便。まだし残しがあるような気がする。。アパッチはトイレを出ると、キッチンの方へ向かい、箱御殿に上がろうとする。上がれっこない(高さ38cm)と思いながら見ていたら、腕力でよじ登った。ビックリしたぁ。本猫は得意そうだし、私も嬉しいけど、落ちるんじゃないかとヒヤヒヤする。御殿からおろして寝床にもどすと、わざわざタロウの寝床に移動して寝た。疲れたようでよく寝ている。

夕方に排尿してからはテーブルの下にいたが、イイチャンたちのゴハンの頃に起き出し、イイチャンのゴハンをチェックしてから水を飲む。
アパッチ(イイチャンのゴハンをチェック)→
夕飯は完食。寝る前に排尿させると、トイレを出て箱御殿へと向かい、また上がろうとする。箱御殿の隣の低い台(27cm)には、腕力ではなく普通に上がった。危ないから早々に寝床にもどしたが、夜はキッチンの方へは行けないようにバリケードを設置して、万が一の時のために、箱御殿の周りにはクッションを敷き詰めておく。(この気遣いがもっと早くにできていれば、アパッチはこんなことにはならなかったのよね・・・)
この頃は、毎夜寝るときはテーブルの下にいる。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月16日(金)『ゴハンを吐いてしまった』

おはようと声をかけると返事。ンが、寝床がまたオシ○コで濡れてる。う〜む・・・。(下にビニールを敷いてあったのでホカペは無事)テーブル下の右側から左へ移動していたのはそういうわけか。。(テーブルの下は猫のために3つに仕切ってあり、右側の前にアパッチの寝床がある)
アパッチ(何故そんなところに入る?)→
アパッチはゴソゴソ起き出してソファの下へ。夫に「そんな所で何してる?」と言われると、今度は食器棚の下に入り込み、それからテーブルの狭苦しいところにも入る。そんなに隠れたいのか?
輸液のために引っ張り出しても、針を刺しても声を出さずおとなしい。具合でも悪いのかと心配になったが、お腹のマッサージを始めたら大きな声で怒った。(夫曰く「悪いこと(粗相)したから殊勝にしてるんだろ」だって)
マッサージ後トイレに入れたが、すぐに出て、キッチンへ行き、それからタロウを寝床から追い出して、その寝床に入り込んだ。

アパッチ(そこはタロウの寝床なのに..)→
朝ゴハンをほぼ食べ終わる頃になって、すっかり吐いてしまった。食べさせすぎたようだ。。しかし事故以来、食べたものをもどすのは初めて。栄養をつけさせたかったので、吐かずにいてくれて本当にありがたかった。
ずっとタロウの寝床で寝ていたが、顔を出したので、トイレに入れてみる。が、トイレを出てウロウロするので、連れ戻しておやつにする。その後は夕飯まで寝ている。やはり動くと疲れるようだ。
夕飯は心持ち少なめに。食後に抱っこすると怒り始め、ヒザからおりて食後の散歩?へ。食卓の下のトイレでクルクル回り、バランスを崩してでんぐり返りそうになったので慌てて支える。と、同時に排尿を始めた。なんで、わざわざ遠くのトイレに行かねばならないのか…と思うが、こういう気骨があるからこそ、アパッチはここまで回復したのかもしれないなぁ。

キッチンでのアパッチ ※大きな声が出ます。(22秒)


夜食のちゅ〜るを飲んで寝ていたが、夜更かししていたら、ちょうど起きたので排尿させる。排尿後は、ジブンで水を飲みに行く。寝床にもどそうと抱き上げたが、珍しく怒らずにおとなしい。首をマッサージしてやっているうちに、私の方が寝てしまった。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月17日(土)『おとなしい一日』

夜中に声をかけると「ニャーニャー」と返事。朝、突然大きな声を出したが、名前を呼ぶと静かになり、テーブルの下へ移った。水を持って行くと顔をそむけたが、そのまま置いておくと少しだけ飲んだ。その後、ジブンでイイチャンの水を飲みに行ったらしい。やはり水も排尿と同じで、ニンゲンに世話を焼かれるのが嫌なのか?
寝床にもどったところで、お腹をマッサージ。おとなしくシッポをユラユラ揺らす。便が下の方に移動し、アパッチも怒り始めたのでトイレに入れたが、トイレを出てタロウの寝床に入り込む。

先日吐いたのがちょっとトラウマになってて...朝ゴハンはチョッピリ少なめ。輸液後は「ウ〜ウ〜」いつまでも怒っているが、疲れたような様子で全く動かないので心配になる。しばらくなでて毛布をかけてやると、そこでそのまま寝てしまった。丸くなってくつろいで寝ている。

午後、起きているので排尿させてから、またウンPマッサージ。はじめは気持ちよさそうにしていたが、怒り始めたのでトイレに入れる。と、すぐに力み始め、大体の量が出た。またタロウの寝床に移動して寝てる。ホカペの上は全てアパッチのテリトリーになったようだ。
おやつのちゅ〜るは、途中で嫌そうにするので少しだけ。夕飯はプラウンジェリーを完食。今日は一日動きも少なくおとなしい。が、食後の抱っこをしたら怒っておりて行ったので、少し安心した。寝る前にトイレに入れて排尿。また怒りまくる。。。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月18日(日)『転ばなくなった』

朝、夫が首のマッサージをして寝床にもどしたが、落ち着かないのでトイレにいれると排尿したそうだ。朝ゴハンが少し遅くなり、アパッチはソワソワして待っている様子。朝ゴハンは終いに顔をそむけるので無理強いはせず、少し残す。
輸液後は、またずっと文句を言うので、首をマッサージしながらなだめる。少し寝てから、日向に移動させると、立ち上がって窓の方へ行き、ベランダに出た。ベランダを歩き回ってからジブンで室内にもどり、猫ちぐらの中へ。

アパッチ(ベランダをウロウロ)→
しばらくするとちぐらを出て、ウロウロし始める。イイチャンの水場(水は飲まず)から、寝室の前を通って、洗面所の中の猫トイレでニオイチェックし(用は足さず)、奥の部屋へも行き、ツメトギの上で動かなくなった。普通に動ければ2〜3分ですむことなのだが、足元がおぼつかず、クルクル回るので、20分ほどもかかる。しかし、これだけ動いても一度も転ばない。また、部屋の入り口に向かうなど目的がハッキリしているときは、前足を交差させるようにして歩を進め、真っすぐに移動している。
連れもどしてトイレに入れてみたが、排尿せず。テーブルの下でしばらく過ごし、また動き始めたのでトイレに入れたが、すぐに外に出て、右回りをくり返しながら移動して、箱御殿に上った。箱御殿に上がるとアパッチの目は輝くようだ。でも、危なっかしい。。しばらくそのままにしておいてから排尿させる。

夕飯の終わり頃は、ヒザの上で疲れたようにグッタリしている。でも、怒りながらおりて行ったけど。。夜食はa/d缶とカツオのちゅ〜る。寝る前に排尿させようとトイレに入れると、また箱御殿に向かう。連れもどして排尿させておやすみ。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月19日(月)『タロウの寝床がお気に入り』

5時半頃にゴソゴソしているが、トイレではなさそうなので、フトンの中に引っぱり込み、7時半頃まで一緒に寝る。(私は、ソファーではなくホカペの上にフトンを敷いて寝ている)フトンから出たのでトイレに入れると、すぐに排尿した。

朝ゴハン後はしばし寝て、それから日向に移すと、すぐにベランダへ。猫草を食べ、少し行き来して室内にもどり、タロウの寝床で寝ている。少し前までは、平らな床の上を歩いている時でも、頭を打ちつけるのではないかと思うようなひどい転び方をしていたが、今はほとんど転ばないので、ちょっとベランダに出ているくらいなら、安心して放っておける。

15時過ぎ、テーブルの下から出て来たので、トイレに入れてみるが、排尿はせずに水場へ行き、たくさん水を飲んでテーブル下にもどった。16時半頃になると窓際のカゴに入ったりしている。カゴには一度粗相されているから、すぐにトイレに入れると排尿した。その後、少しウロウロしていたが、寝床にもどすと、またタロウの寝床へ移る。
夕飯はプラウンジェリーを完食。タロウの寝床にもどしてやると、そのまま寝ている。
23時過ぎに起きたので、トイレに入れたが、箱御殿の方へ行き、それからキッチンに入り、クルクル回りながら歩き回る。キッチンを出てから箱御殿に上ろうとしたが、よろめいて転んでしまった。トイレへ行き排尿し、水を飲んでからテーブル下にもどる。
夜食のa/d缶は「ウ〜ウ〜」怒って拒む。ならばと、カツオのちゅ〜るを与えると、ゴクゴク飲み込むくせに、まだ「ウ〜ウ〜」言ってる。。テーブルの下にもどすと、そのまま寝た。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月20日(火)『ジブンでリハビリ?』

朝6時前に「ケポケポッ」ともどす音が聞こえてきて、慌てて起きる。と、アパッチが少量の水分を吐いていた。片付けたり、顔を拭いたりしても、動きもせずにボ〜っとしていたが、電気を消したらおもむろに起き出した。水場に誘導したが、水は飲まずにトイレに向かい、また転びそうになりながら排尿。そして水を飲みに行く。もう転ぶ心配はないので、そのままにして電気を消したが、しばらくすると水を飲み終えてもどって来たので、フトンの中に拉致。そのまま朝まで寝ている。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
アパッチは、もともと食べたものを吐くことは稀で、大体いつも朝ゴハン前に猫草を食べ、水分と草だけを2度続けて吐いていた。因みに、イイチャンが吐くのは2週間に1度くらいの割合で、4〜5回ほども続けて吐く。タロウが吐くのは2〜3ヶ月に1度、それもドバッと一回きり。三猫三様。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

輸液後はいつもしつこく文句をいうので、毎回なでてなだめてやる。そうするとおとなしくなる。
朝ゴハンはしっかり食べ、14時過ぎまで寝て、寝床をテーブル下に移動。お天気はいいのになんだか薄ら寒いので、寝床ごと日向に移してやる。しばらくそのまま寝ていたが、ジブンでもどって来て、テーブルの下を右や左に移動する。

おやつの後にトイレに入れたが、排尿せずにウロウロする。テーブルの下の同じ所をクルクル回っているので、食卓下のトイレに入れてやると、すぐに排尿した。それから水を飲み、あちこちを動き回る。一時間以上も動き回っているので、夫が連れ戻そうとしたが、本猫ももう疲れていたらしく、文句も言わずおとなしく抱き上げられた。
夕飯後は23時頃まで寝ている。夜食のあとにトイレに入れたが、やはりすぐに出て、時間をかけて食卓下のトイレにまで行き排尿した。それからも、水を飲んではまた歩くを3度ほどくり返す。ジブンでリハビリしてるみたいだ。。フトンの側に来たので、中に引き込むとようやく寝た。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月21日(水)『ハードなリハビリ』

朝、そろそろトイレに入れなきゃと思いつつも他のことを先回しにしていたら、タロウの寝床で排尿し始めた。ひゃあ、やめてぇ〜〜! すぐにトイレに移すと、続けてウンPも。ずっと便秘気味のこのひとは、前からウンPに関してはノールール。いつでもどこでも、したくなったときが出るとき、なのだ。。でも、マッサージ(もちろん浣腸も)なしで、事故以来初めて全くニンゲンの助けなしでウンPが出たね。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
※アパッチの名誉のために追記。
「ウンPはノールール」と言っても、アパッチは、いつもかつもトイレ以外でウンPをする、というわけでは決してない。思いもよらぬ場所(ベッドの下とか、食卓の下なんか)に転がっていることが、ごくたま〜にあるくらい。そう、たまにね。。


アパッチ(箱御殿でお昼ね)→
朝ゴハン後にツメを切ってやる。その後は、キッチンやベランダをウロウロして寝床にもどって寝る。午後には、起きて水を飲んでから、箱御殿に上がる。アパッチは用を足す前だけでなく、横たわる前にもクルクル回るので、狭い箱御殿の上では危なっかしいったらない。そのまま箱御殿で30分ほど寝ていたが、起きたので、すぐに抱いて下ろす。それからもまだ部屋の中を動き回り、食卓下のトイレで排尿して、ようやくテーブルの下にもどって来た。

アパッチ(今も左目の瞳孔が開き、右目よりも少し小さい)→
おやつとサプリの後に首をマッサージしてやると、ヒザの上でシッポをゆらゆらさせて気持ちよさそうにしている。ジブンでヒザから下り、食卓周りから寝室へと、再びウロウロ歩き回る。今日のリハビリはハードだ。やはり疲れたようで、おとなしく寝床に連れ戻された。

夕飯が終わるとぐったりしていたが、ジブンでヒザからおりて行った。しばらく寝ていたが、21時頃に起きると、食卓下のトイレで排尿し、水を飲んだ。窓の方へ行ったりして動き回っていたが、ホカペの上で行き倒れたので、寝床にもどしてやる。今日はたくさん動いたから疲れたね。夜食を食べると、テーブルの下で寝た。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月22日(木)『トイレはジブンで行く』

4時頃に大きなおたけびをあげる。すでに寝床の側のトイレは濡れ、排尿済みだった。水場に連れて行くと水を飲み、それから私のフトンの中に入り込んだが、朝は寝床に移動していた。
輸液で針を刺そうとしたまさにその時に大きな声を上げて動くから、失敗したではないか。。朝ゴハン後は小一時間ほど寝た後に、テーブルの下から引っ張り出して日向に移動させる。と、すぐに動き始めたのでトイレに入れたが、トイレを出て食卓の下をウロウロ。水を飲み、それから改めてトイレへと向かう。排尿前にクルクル回り、また転びそうになりながら排尿。トイレには「ジブンで行く」と決めているのか。。排尿後は水をたくさん飲み、日向にもどって気持ちよさそうに寝ている。夕方のおやつまで、そのままそこで過ごす。

アパッチ(日向で。窓際にはタロウもいる)→
おやつの後、ほんのちょっと目を離した隙に、何処へ行ったのやら、姿が見えなくなった。どれだけ呼んでも、出て来ない。(猫だもんね…)ソファの下の奥の方にあるイイチャンのベッドで寝ていた。そこは薄暗いし、寒いだろうに…。

夕飯は少し食欲がない。食べ終えるとジブンでトイレに行き排尿。それから洗面所へ行き、猫トイレをずいぶん念入りにチェックしてから寝床にもどる。
夜食のちゅ〜るは、半分くらいで顔をそむけて拒否する。夜食を食べる前も後も、疲れたようにくたっとして動かない。寝る前に水を飲みに行き、フトンで一緒に寝る。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月23日(金)『緑の袋はおたけびスポット』

夜中の2時半頃にウソウソ動いている。トイレに入れてみたがすぐに出て、ウロウロ歩きまわる。トイレにもどして膀胱を圧迫してみたが、怒るばかりで排尿しない。またあらぬ所で排尿されては困る..と思ったが、眠気に勝てず、あきらめて寝た。アパッチもテーブル下にもどって来て、朝までそのまま寝ていた。
朝8時過ぎに膀胱を圧迫して排尿させたが(圧迫してやると、あとはジブンで排尿する)、約12時間ぶりにしては量が少ないような・・・と思ったら、窓際のトイレ(カゴの中に粗相されたので、カゴの横にトイレを設置してある)がビッショリ濡れ、おっきなウンPまである。。おぉ、やはり夜中にしていたのか。(諸々の状況から、ウンPがアパッチのものであることは間違いない)

排尿後は、寝床にもどしてやると、そのまま寝ている。輸液を終えても動かず、朝ゴハンまでジッと同じ場所で横たわっている。朝ゴハンは、途中でイヤになったのか、歯を固く食いしばるが、なんとか完食させる。
食後は、また寒いソファの下のイイチャンのベッドで寝ているので、ベッドごと日向に移動させる。すると、テーブルの下にもどって来たが、再びジブンでベランダに出て、室内にもどってからは日向で寝そべっている。日が陰るとテーブル下にもどり、少しして、玄関→キッチン→食卓周辺と動きまわる。おたけびを上げ、それからトイレで排尿。水を飲んでから、テーブル下にもどった。おやつの後、ソワソワしているのでタロウの寝床に移してやると、そこで夕飯まで寝た。
アパッチ(ここでおたけびを上げる)→
夕飯は、残り少しでイヤそうに顔をそむけたが、少しずつを上アゴにつけて完食させる。食後は、箱御殿の辺り→食卓周りと移動、椅子の下の緑の袋の中でおたけびを上げる。トイレに入れたが一度出て、ジブンで入り直してから排尿する。そして水を飲み、寝床へ。
24時半過ぎに起き、箱御殿の前でクルクル右回り、それから水を飲み、緑の袋の中でまたおたけびを上げ(緑の袋はおたけびスポットらしい…)、食卓下のトイレで排尿し、また水を飲む。それから、フトンの上に来て寝そべった。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月24日(土)『いつもより動きが少ない』

夜中の2時半頃に大きなおたけびを上げ、少しウロウロしてから水を飲み、寝床にもどる。
朝、私は寝坊。するとアパッチは、テーブルの下から二度三度と顔を出し、寝ている私の方をうかがって、それからジブンで寝床近くのトイレへ行き、排尿したそうだ。「反抗するけど、やっぱり依頼心もあるみたいだな」と夫が言う。
私は寝坊したくせに、のんびりテレビを見たりして(野茂のノーヒッターが再放送されてた)、朝ゴハンが遅くなった。アパッチは待ちかねた様子。

ゴハンがすむとヒザから下り、水場に直行して水を飲み、おたけびスポット(緑の袋)でおたけびを上げる。寝室のバスルーム内の猫トイレもチェックし、20分ほどウロウロしてタロウの寝床に落ち着く。
輸液で、針を抜く時に「ギャー!」と大きな声を出し、夫に「アンタ大げさね」と言われる。(このひとは本当に大げさで、シッポを踏まれそうになっただけでも絶叫するのだ)
その後は、15時半過ぎまでぐっすり寝ている。起きて顔だけ出したが、そのまま動かず眠たそうにしている。ようやく寝床を出ると、ソファの後ろに回り、またどこか(イイチャンのベッドではない)に隠れてしまって出て来ない。どこに隠れていたものやら、15分くらいして、ホカペの上に行き倒れたように横たわっていた。
おやつ後にトイレに入れたが、すぐに出ようとするので、膀胱を圧迫して排尿を促す。その後はすぐにテーブルの下。今日は動きが少なく(トイレも寝床近くのトイレばかりを使った)、ずっと寝ているので、夕飯は遅らせる。
夕飯はしっかり食べたが、食後はテーブル下に入り寝ている。寝る前に排尿させる。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月25日(日)『歩き方が変わった』

6時半頃、ジブンで寝床近くのトイレで排尿。その後は、水を飲みに行ったとばかり思っていたら、洗面所にまで遠征していた。居間のどこにもいないので焦った。。それからは朝までテーブルの下。
そろそろ朝ゴハンにしようと思っていたら、舌をペロペロ、吐く前の仕草をしている。そして、ベランダに出てはもどるを3度くり返し、窓際のトイレで排尿した。結局吐くことはなかったが、ゴハンは輸液の後にすることに。
ゴハンは金缶をおいしそうに食べる。オーガニックフード(魚味)のゼリーを最後に与えているが、これが好きで、かなりの量を食べた後でもおいしそうに舐める。ゴハンの後は少しウロウロして、タロウの寝床にもどる。

なんだか歩く時のフラつきがひどくなったような気がすると思ったら、腰を下げてかかとをつける安定のよい歩き方ではなく、足先だけをつけた普通の歩き方をしている。左後ろ足の力が弱いのがよくわかるが、歩き方が変わったのは、さらに回復してきたからだろう。

プープーと寝息を立ててよく寝ている。15時過ぎ目を覚ましたが、そのまましばらくは寝床に留まっていて、16時過ぎにベランダに出た。
おやつのスープ仕立てをおいしそうに飲む。17時過ぎにテーブル下から出て、また寒い場所にあるイイチャンのベッドに移動した。そのままにしておいたが、19時半頃にベッドごとホカペの上に引っ張り出して、毛布をかけてやる。遅い夕飯まで、ずっとそのまま寝ている。
ゴハンはしっかり飲み込んで完食。食後は食卓下のトイレに直行して排尿し、水を飲み、洗面所や寝室をウロウロ。目的地に直行できるなんて、すごいよね。
テーブル下にもどって寝ていたが、布団を敷くとフトンの中にもぐり込んだ。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
前回(21日)粗相したとき、アパッチに「ニンゲンの手助けなしに用が足せるのはエラいと思うけど、トイレ以外の場所でするってのはオトナの猫としてどうなのよ?」と文句を言った。そしたら、それからトイレの失敗がない。さすが20歳になった天才アパッチ、言ったことがわかったんだ..と思う私は、やっぱり親バカかしら?

▲ TOPへ戻る ▲


○1月26日(月)『床払い』

夜中の2時半頃、フトンからテーブル下へ移動。5時半頃に寝床側のトイレで排尿し、前日からホカペの隅に置いてあるイイチャンのベッドへ。
朝早く7時頃から動きまわる。居間を2周し、ベランダにも出て、洗面所、寝室へと移動。寝室では、またタロウが寝ていた場所を横取りした。。

運動のせいでお腹が空いたのか、朝ゴハンは食いつきがよい。食後は食卓下のトイレに直行し、まず中をかいて、それから2〜3度クルクル回り、しっかりかまえて排尿した。これだけのことができることが、どれほどに素晴らしいことか。
テーブル下からマカロンベッドごと日向に移して日向ぼっこさせたが、短時間でテーブル下にもどった。しばらくすると、テーブル下から出て大きなおたけびを上げ、タロウの寝床へと移動。「ホカペが切ってあって寒いわっ!」と文句を言われたような気がした。そのまま2〜3時間寝ていたが、起きると寝床をあちこち移動して落ち着かない。寒いのだろうと思いホカペの電源を入れてやった。

アパッチのために居間に設置してあった寝床を片付けた。この頃はこの寝床を全く使わなくなっていたからだが、ここから動くことができなかった時のことを思うと感慨深いものがある。本当によくぞここまで回復してくれたものだ。
アパッチ(ずっとここから動けなかった)→
おやつノスープ仕立てをおいしそうに食べる。その後はウロウロ歩いて、一度寝床近くのトイレに入ったが、一旦出て水を飲みに行き、再びトイレにもどって排尿。そしてまた水を飲みに行ったが、そこで妙に真剣な顔をしていると思ったら、なんとウンPをしようと力んでいるのであった。そ、そこでしますか。。十分な量でりっぱなウンP、ただ場所だけがいかん。。
スッキリした後は箱御殿に上がって横たわる。30分ほどして夫が箱御殿から下ろしてやると、余計なことをするなと文句を言うけど、ジブンでおりるのはまだムリではないかい?

夕飯まではタロウの寝床で過ごす。夕飯を完食してヒザからおりた時に、両前足をビュ〜ンと伸ばして伸びをした。こんななんでもない動作の一つ一つが嬉しい。食後はテーブル下で横たわっているが、寝てはおらず、穏やかな顔をしている。
23時過ぎに寝床近くのトイレで排尿。それから水を飲み、フトンの中に入る。夜の寝床はフトンに決めたらしい。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月27日(火)『good to see you』

久しぶりの病院。ウィリアム先生に会うのは年末の30日以来だ。
アパッチは診察台に乗るなり、しっかりした足取りで立ち上がり「ウ〜ウ〜」唸ってひどく怒った。「見てみろ、ボクはこんなに元気になったぞ!」と先生に言ってるみたいで可笑しかった、と後で夫が言った。
先生は、アパッチの元気な様子に目を見張り、嬉しそうに「good to see you」と言い頭をなでた。先生に、アパッチは歩き回れるが左足が右よりも弱いこと、まだクルクル右回りに回るけれど真っすぐに進む方法も体得していること、そしてトイレに行ってちゃんと用が足せることを伝えた。先生はアパッチのお腹を触って、便も尿もたまっていないことを確認した。
年をとってからの脳内出血は予後が悪いことが多いのに..と、先生はなんだか安楽死を勧めたことの言い訳をしているようだったけど・・・いいのよ、もう、アパッチはこんなによくなったのだから。
今回もアナボリックステロイド(筋肉増強剤)の注射をする。食べているわりに体重が増えていない(2.68kg)と言うと「will come soon」だって。
診察を終えてアパッチを箱にもどすと、先生はもう一度アパッチの頭をやさしくなでた。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《処置》・筋注(Stanzol)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


帰宅すると、アパッチはジブンで箱から出て部屋の中を歩き回り、ベランダにも出て、それから食卓の下のトイレで排尿した。(出かける前にもしたのにね)それからはタロウのベッドで寝ている。
輸液後の朝ゴハンはしっかり完食し、ビーズクッション(←もとタロウの寝床だが、もはやタロウの寝床とは言えない)の上で寝る。
午後になると起き出して歩き回る。知らずにタロウに近づき、猫パンチされ倒れてしまい「ウワ〜ン」と悔しそうに鳴いた。続けて今度はイイチャンに近づいてしまい、また猫パンチされる。やはり「ウワ〜ン 」と鳴く。・・・悔しいよねぇ。。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
まさかタロウがアパッチを叩くとは思わなかった。というか、タロウが誰かを猫パンチするのを初めて見たと思う。なぜなら、タロウは後ろから襲うのが常套手段で、相手が正面から向かって来たときは必ず逃げるから。


ビーズクッションの上においてやると落ち着いて、16時過ぎまで寝ている。おやつを食べ、しばし首のマッサージ。ヒザからおりると、また部屋の中を歩きまわり、ホカペの側のトイレにもどって来て排尿した。

18時過ぎ、テーブルの下から出て、また少し運動して(←運動しているように見える)大きなおたけびも上げ、またテーブルの下。夕飯は完食し、床の上に座ったまま顔を洗っている。そんなこともできるようになったんだね。それからもあちこちに歩いて、そして水を飲み、テーブルの下へもどった。

座ってごちそうさま( 8秒)


23時過ぎに起きてウロウロするので、トイレに入れて膀胱を圧迫して排尿させる。そしておやすみ。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月28日(水)『バカでかい雄叫び』

6時過ぎ、少量の水分を吐く。前回吐いたとき同様、またしばしボ〜としていたが、起き上がると寝室へ向かい、ニンゲンのベッドに上がって寝ている。8時過ぎ居間に連れもどしたが、また寝室にもどって行き、バスルームの猫トイレで排尿。それから居間をウロウロ歩きまわって、おたけびを上げ、私の足元へ来て寝そべった。
輸液が終わると水を飲みに行き、ビーズクッションの上へ。
朝ゴハンは完食。食後はまた歩きまわりおたけびを上げ、ビーズクッションにもどって14時過ぎまで寝ている。おたけびが以前よりレベルアップしていて、かなりうるさい。。

お天気がいいのでベランダに誘ったが、すぐに室内に入り、ホカペの隅のイイチャンのベッドで横たわる。毛布をかけてやると、ずっと(おやつの前までとその後も)そのベッドで寝ている。
夕方、起きて近くのトイレに一度入ったが、気が変わったのか、わざわざ食卓下のトイレまで行って排尿する。そして洗面所にまで足を伸ばし(やっぱり運動しているような気がする)、タロウのベッドに落ち着いた。
アパッチ(以前は全く興味のなかったベッド)→
以前は、段ボール以外の寝床には全く興味がなかったのに、今はベッドや猫ちぐらで寝たりして、いったいどういう風の吹き回しなんだろう?(寝床とトイレをあれこれ使い回すのが、新たな楽しみ..とか?)寝床という寝床をアパッチに横取りされてるタロウは迷惑千万、イジけとる。。

夕飯もしっかり食べ、珍しく食後すぐに動き始める。居間を歩きまわり、一度テーブル下で横たわったが、またすぐに動き出し、寝室へも行き、はたまたバカでかいおたけびを上げ、箱御殿に上がって横たわった。30分ほどして抱き下ろすと、文句を言いはしたが、おろしてくれるのを待っていたような感じもなきにしもあらず。
テーブル下で寝ていたが、23時頃に起きたので排尿させる。トイレを出ると、フトンの上で横たわる。おやすみアパッチ、また明日。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月29日(木)『ゴハンは食べさせてほしい?』

朝6時まえ、フトンの上を横切って私を踏みつけにし、おたけびを上げ、大騒ぎの末に、ホカペの側のトイレで排尿。やかましいことこの上ない。おかげで寝坊。。
朝ゴハンはしっかり完食。食後、窓の方へ行くので、ベランダに誘導してやる。室内に入ってからは、窓際のベッドで日向ぼっこしている。ホカペの上→猫ちぐらに移動して、午後まで猫ちぐらで過ごす。
その間に、いつの間にやらジブンで排尿排便をすませている。それも、片づけのために定位置から遠く離れた所に移動させてあったトイレで。しかるべき場所で立派なウンP。大変よくできました!

ちぐらから引っ張り出しておやつを与える。その後はキッチンや居間をウロウロ歩きまわり、食卓下のトイレで排尿したが、ちょっと失敗、オシ○コがトイレからハズれて床の上に・・・。もう少し頑張りましょう。。
夕飯まではビーズクッションで寝ている。夕飯も完食。
アパッチ(そろそろゴハンだにゃ)→
日々いろんなことができるようになるアパッチなのに、ゴハンだけはジブンで食べるとは言わない。それどころか、この頃はゴハンが終わって抱っこする時まで、文句一つ言わない。薬(ビオフェルミン)を飲ませ、口をきれいにして、水を飲ませても、おとなしくおりこうさんにしている。ゴハンに関しては反抗しないのが不思議でしょうがないけど、やっぱり、基本アパッチは甘ったれなんだと思う。(ヒザの上で私の方を見上げて、次のひと口を待っている顔がやたらカワイイ♪ ← 親バカ)

食後は少しだけ歩いて、すぐにテーブルの下へ。22時過ぎ、食卓下のトイレへ行き排尿。そしてフトンの上で寝そべる。今日は寝る準備が早い。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月30日(金)『タロウと一緒に夫の側で寝る』

夜中に寝室に移動し、夫の側で寝ている。すぐ隣にはタロウもいて、夫と茶トラ男子2匹が一緒に寝るという、かつて見たことのない(うちではあり得なかった)光景。夫も嬉しかったのか、夜中に私がトイレのために寝室に入ると(夫がトイレに行った直後のこと)、「見てごらん」とわざわざ電気をつけた。写真を撮りたいな..と一瞬思ったが、ちょっと癪に障ったので 眠たかったので寝た。 しかし夫は、アパッチがベッドからおりる時に落ちるのではないかと気が気ではなく、あまり眠れなかったようだ。朝早くにアパッチを抱いて居間に連れて来た。
アパッチは大きなおたけびを上げてから、ホカペの近くのトイレで排尿。テーブルの下にいたが、輸液が終わると窓際のベッドに移動した。

朝ゴハンは、好きだった懐石は途中で吐き出したが、その他は完食。食後はビーズクッションの上で過ごす。14時過ぎに起き出して、キッチンへ行ったりベランダに出たり、おたけびを上げたりして、またビーズクッションにもどる。
おやつを食べると、洗面所に行き、タロウが専用に使っているトイレで排尿し、そしてビーズクッションにもどって寝ている。寝床もトイレもぜ〜んぶ使ってみせて、所有権を主張したいのかしら??

夕食後は、夫の足元で毛布をかけてもらって寝ている。23時過ぎになると、キッチンへ行ったりウロウロして、おたけびも上げ、食卓下のトイレで排尿。そして今日はフトンではなく、テーブル下に入った。なんだか今日は一日、私を避けているような。。。

▲ TOPへ戻る ▲


○1月31日(金)『生活のリズムを取り戻した』

朝、テーブル下から出てトイレへ。が、イイチャンの使った後で濡れていたトイレを慌てて片付けている間に、おたけびスポットの緑の袋で排尿してしまった。ガビ〜ン。。
ビーズクッションから出た時、四つ足を踏ん張り背中をまる〜んと伸ばす、猫特有の伸びをする。左足が不安定なので、ちょっとぎこちなかったけど、いろんな伸びができるようになった。
朝ゴハンをしっかり食べ、食後は午後のおやつまで、窓際のベッドで過ごす。おやつの後は少し歩いて、それから食卓下のトイレへ行き、ビーズクッションで横たわる。

夕飯もよく食べる。そして、ビーズクッションをアパッチに取られたタロウのために置いた小さなクッションの上で寝る。(タロちゃん、また寝床を横取りされた。。)
23時頃トイレに行ったが、その後、またソファの下の寒い所ににあるベッドに入り込む。一時間ほどそうしていたが、寒かったのか大きなおたけびを上げて出て来た。だったら、行かなきゃいいのに。。
抱っこして冷たい体をなでてから、足の体操をさせてみる。上から腰を押さえつけても、案外足にしっかり力がある。時々体操して、弱い左足にもっと力をつけようね。

足元はまだ少しフラつくし、ゴハンは食べさせてやっているものの、トイレに行ったり、好きな所で寝たり、そんな当たり前のことができるようになって、アパッチの毎日の生活のリズムはずいぶん落ち着いてきた。こんなに回復してくれてホントに嬉しい。

▲ TOPへ戻る ▲


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
アパッチの日常生活もほぼ落ち着いてきて、あまり記録を取る必要もなくなってきたような気がするのだけど、でも、もうしばらく簡単に(写真だけとか)記録をつけようと思う。(...って、自分が書いたグチャグチャのノートを見返すよりも、ブログにアップした方が見やすい..という、自分勝手な理由ではありますが・・・)^^;
アパッチ君の回復力は凄いですね(^^) 嬉しく思います。
早く寒い季節が終わってくれると
良いですね。
[ 2015/01/16 22:06 ] [ 編集 ]
箱御殿のアパッチ君にビックリです。
行動範囲も広がって体力が戻ってきているのを実感ですね。
動く事がリハビリかもしれませんね、人間もそうですから。
[ 2015/01/17 17:19 ] [ 編集 ]
◆みーこままさん
20歳という年齢だけでもすごいのに、ホントに驚くべき回復力です。
でも、動いた後に疲れきっている様子を見ると、
バッタリと力尽きちゃうんじゃないかと心配になります。

◆ぽん吉さん
ビックリしますよねぇ。
今は、動き始めると目が離せません。
でも、倒れかけてるのを支えてやっても「ウ〜ウ〜」怒るんです。。
[ 2015/01/18 01:07 ] [ 編集 ]



コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する