...3 cats in 香港...
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
ジグベェのしっぽ アパッチ ≫ アパッチのテント

アパッチのテント

というわけで、イイチャン用のテントを気に入ったアパッチ
アパッチ


毎日毎晩必ず寝ていた箱ベッドをいともあっさり捨て、
金鳥渦潮のカンカンを持って、テントに引っ越した。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ずっと「箱ひとすじ」だったアパッチが、まさかテントに入るとは思わなかった。
が、実は、この冬のアパッチの寝床をどうしようかと悩んでいたのだ。
というのは、以前のアパッチなら、箱に毛布をかけてさえおけば、
難なく毛布の下に潜り込んだが、視力を失った今はそうはいかない。
何かよい方法はないかなぁ..と思っていたところに、テントがヒット☆
テントなら出入りもカンタンだし、しかも中はぬくい。
…てなわけで、思いがけず一件落着した。(^^)v
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



で、アパッチ用に、もうひと回り大きなテントをこさえた
テント
(果たして、入り口のビラビラは必要なのだろうか?)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
このテント、Tシャツ、針金ハンガー、段ボール(底用厚紙)があれば、簡単にできます。
ネットで「猫 テント Tシャツ」で検索すれば、いろんなサイトで紹介されています。
(私が参考にしたのはここ→→ http://www.icoro.com/201408117975.html
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



Tシャツをかぶせる前の骨組みはこんな。
カレンダーの台紙(頑丈だった)を段ボールの代わりに使ったら、
アパッチのはとんでもなく中華風のお目出たい柄になった。。
テント骨組み


* * *


さて、アパッチは新しいテントに入ってくれるのか?

※少し声が出ます(22秒)



中に入ってから小さく「フェ〜ン」と鳴いた。
「なんかちがう〜」と言っているような。。

※少し声が出ます(28秒)



あ〜ぁ、出ちゃったよう。
ンでも、中の敷物を前と同じものに入れ替えたら・・・

(22秒)



なんとか落ち着いた♪(ほっ)





なんとなく釈然としない顔をしているけれど
アパッチ
‥なんか ちょっと ちがうけど‥


入り口を心持ち広げ、Tシャツの穴を隠して・・
アパッチ
‥まぁ、これも わるくないかな‥


アパッチのテント、できあがり〜♪







- - -《おまけ》- - -

アパッチに置き去りにされた寝室の箱は・・
タロウ
‥おいらが つかってます‥


もも肉球


- - -《も一つ おまけ》- - -

イイチャンもテントに入ってみたが・・(17秒)



テントよりもゴハンの方に興味あり。。
そして、やっぱりデカねこで寝ましたとさ。┐(´-`)┌




〜*〜*〜*〜*〜
にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。

*Gaoさんのひと言‥「マカロンベッドを使うイイチャンなら、絶対テントも気に入ると思ったがなぁ...」


※以下は、先月イイチャンがけいれんを起こしたときの話です。長いです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

イイチャンにテントを作ろうと思ったのには訳がある。

先月のある日、キッチンにいた私の耳に、ガタガタと聞き慣れない音が居間の方から聞こえてきた。何事かと思いきや、な、な、な、なんと!、棚の上のベッドで寝ていたイイチャンが、四肢を伸ばしたまま体を硬直させ、けいれんを起こしていた。ガタガタいう音は、けいれんによって箱が揺れ、壁にぶつかっている音だった。
(この後、今まで再発はしていないので安心して読んでね)

ここで、こんなふうに寝ていた
(以前掲載した写真)
イイチャン


びっくりした、なんてものじゃない。(こんなときは大きな声を出しちゃいけないのに、何度も名前を呼んでしまった。。)
ともかく「落ちたらいかん!」と思い、ベッドをそっと箱ごと抱えて下ろそうとした。そしたらイイチャンはもがいて、本当に落っこちそうになったので、慌ててイイチャンの体を受け止めて、絨毯の上に横たえた。(口から泡を吹くなど、けいれん以外の症状はなかった)

けいれんはもう治まっていたけれど(たぶん1〜2分だったとおもう)、イイチャンは動けなくて…、私はイイチャンの体をなでながら「大丈夫だよ」とやさしく声をかけた。(本当は触れたりせずに、そっとしておくべきだったのかもしれない…) それから少しして(たぶん2〜3分)、イイチャンはフラフラしながらも立ち上がった。
初めはヨロヨロ、そしてだんだんと普通に歩けるようになった。しかし、不安なのか落ち着かず、寝床に入ってもすぐに出てきて、あっちにウロウロ、こっちにウロウロしていた。 だから、デカねこ周りにイイチャンの安心できる寝床をたくさん用意しよう、とそう思ったのだ。

デカねこ砦を増築

イイチャンの寝床
ソファの下にもベッド、デカねこの後ろにも箱を置いて、全部で7個の寝床。
でも、テントと猫ハウスは不発だったけど・・・


けいれんを起こすなんて、初めてのことだ。でも、実は予感はあった。
イイチャンにカメラを向けると、シャッター音、特に連写の「カシャカシャ」という音がすると、時々イイチャンはピクピクっとまばたきをして首をすくめるような仕草をした。「音に反応してけいれんを起こす猫」というのはいるようなので、イイチャンのこういう反応が高じると、けいれんになるんじゃないかな、となんとなく思っていたのだ。
それに、この日の午前中にイイチャンを撮影したとき、シャッター音と同時にイイチャンは上半身をガクンと前のめりに傾かせ、明らかにいつもよりひどい反応を示した。もちろん撮影はすぐにやめた。

そのときの写真
(写真にマウスを乗せると、イイチャンの反応がわかります)
イイチャン


そして午後、イイチャンはけいれんを起こしたのだ。

予感と書いたが、もしかしたら素人の的外れな憶測にすぎないのかもしれない。でも、もう二度と金輪際、イイチャンに向けてシャッターは切らないと決意した。そして、イイチャンの不安やストレスはどんなことも極力排除しようと思った。
(でもね、可愛いイイチャンの写真を撮れないのはあまりに寂しいので、音なしのカメラアプリをiPadに入れた。写りはイマイチだが、イイチャンの可愛さに変わりはない。←バカ親)

そのアプリで(シャッター音なしで)撮った写真
イイチャン


幸い、その時から今まで一度もけいれんの再発はない。だけど、その日は、またけいれんするんじゃないか、とか、そしたら高い所から落ちちゃうんじゃないか、とか、気が気ではなかった。
それだのに、、、あろうことか、その日の夜中、イイチャンはタロウに襲われ、その悲鳴で私は目が覚めた。(怒り心頭!) ニンゲンの寝静まった夜中にイイチャンを襲うなんて・・、こんなことは、もう絶対にさせないからっ!!
以後、夜はタロウをベランダに閉め出すことにした。…とそれくらい怒っていたけど、さすがにそれはできないから、私が毎晩居間で寝ることにした。
つまり、「タロウを隔離する」「イイチャンに寝室で寝てもらう」「私が居間で寝る」の3つから一番簡単な方法を選んだ、というわけ。

これでもう、夜も安泰。
けいれんも起きないし、イイチャンはよく食べ、元気に走り回って遊び、どうやら大丈夫そうだ。 ただ、可愛いイイチャンをカメラできれいに撮れないのは残念だけど(どうせ腕が悪いって…)、イイチャンの健康には変えられないもんね。

あ、そうそう。イイチャンはシャッター音以外は問題ないようで、粗忽者(私)がキッチンでカチャカチャ音を立てたりするのは平気だ。よかった・・・。

どうか、イイチャンがいつも健やかでいてくれますように。

イイチャン
‥もしかして・・・、シャシン とってるにゃ?‥


- - -《余談》- - -
そんなわけで、毎晩居間のソファで寝ているが、やはりソファは狭い。けれど、意外にも寝心地が良く、よく眠れる。でもって、きっと私、すごく寝相のいいヒトになると思う。

それから、アパッチが寝室の箱ベッドから居間のテントに引っ越したのは、「箱」よりも「テント」よりも「私」が好きだから、なんだと思う。(←ヂマン)
タロウに襲われる心配のなくなったイイチャンも、毎晩寝ていた棚の上のベッドから出て、あちこちで寝るようになった。なんせ、寝床はよりどりみどり、いっぱいあるから・・・。(でも、ソファの下に置いたイイチャン用のテントを使うのは、やっぱりアパッチなのよね…)
そして・・・寝室では、タロウとGaoさんがふたりで仲よく寝てる。(^^)


あああ~、ジグザグさん、ご心痛でしたねー。(T_T)
イイチャンがどうにかなっちゃうのかと思ったときの胸苦しさはどれほどだったか…。想像したら涙が出ちゃう。
音を嫌がる子はよくいるようですけど、生理的な害まであるなんて思いもしませんでした。
もうイイチャンの写真が見られなくてもしかたないと思ったら、解決策はあったんですね。
イイチャンが見られるのは嬉しいです。でも無理しないでね。イイチャンが元気ならジグザグさんの言葉で近況に触れられるだけでもじゅうぶんですから! 
[ 2014/11/25 22:31 ] [ 編集 ]
けいれん、驚きました。
確かに家の連中もカメラONの「チロリン」って音だけでも起きますもんね。
フラッシュをたこうものなら固まっちゃいます。
家の九は電話で父と話してるだけでヤメロ!と噛んできます。(父耳が遠いのでつい大声で話してしまいます)
猫は人の何十倍も聞こえてしまうので場合によって具合が悪くなるのもうなずけます。
その後症状がなくて安心しました。

Tシャツ猫ハウスですが、台紙の裏の針金の処理はペンチ等で曲げてあるのですか?ガムテープで止めてるとか?
それとも針金刺しっぱなしでTシャツを被せるから問題ないですかね?
不器用な私でも出来そうなのでぜひつくってみたいと思ってます(笑)
[ 2014/11/27 15:29 ] [ 編集 ]
◆MMMさん
もうね、ものすごく動揺して、心臓がバクバクしました。
イイチャンは今も抱っこはさせないし、なでれるようになるまでにも、
すごく時間がかかって…、そういうデリケートなコだということを、
私は少し忘れかけていたかもしれません。
けいれんを何度もくり返すようだったら、どうしようとも思いました。
ストレスを与えないように、いっそう甘やかしてしまいます。(^^;)

◆ぽん吉さん
カメラを向けると、イイチャンが構えてしまうのは、以前、フラッシュをたいたときの記憶のせいもあるのかなと思います。音もだけど、フラッシュも相当イヤだったのかもしれません。
病気からくるけいれんではなければいいと思っていますが…。

テントの針金は穴を通して曲げてあります。それをガムテープで固定すると作り方にはあったのですが、うちにあったガムテープは粗悪品で簡単にはげちゃったので、接着剤で台紙の後ろにもう一枚段ボールをベッタリ貼付けました。アパッチはすっかり気に入っちゃって、テントに入り浸りです。(^ー^)
[ 2014/11/27 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する