...my dear cats ☆...
ジグベェのしっぽ ≫ カテゴリー【タオルでスリッパ 】

タオルスリッパ..[材料と用具]

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

タオルでスリッパを作ります。

【完成図】 (撮影をじゃま協力しているのは、タロウくん)
タオルスリッパ


タオル地が肌に優しく、とてもよい履き心地です。(ヘタクソですが...)(^^;)






今回から、次のような順序でタオルスリッパ作り方を書いていきます。
[材料と用具](この記事です)

[1] スリッパの型紙を作る

[2] 編みヒモを作る

[3] スリッパの底部分を編む(前半)

[3] スリッパの底部分を編む(後半)

[4] スリッパの上部分の六つ編みを編む

[5] ウラを始末する

タオルスリッパ..[1] 型紙を作る

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

これから作成するタオルスリッパの型紙を作ります。

タオルスリッパは、足のサイズよりも少し大きめだと安定感もあり、よい感触です。 ですから、型紙を作っておくことは、履き心地のよいスリッパを作るための大切なポイントです。

タオルスリッパ..[2] 編みヒモを作る

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

スリッパを編むための「編みヒモ」を作ります。

今回、靴サイズ23cm用のスリッパを作り、底部分用に「長さ70cmのものを10本」、上部用には「長さ35cmのものを12本」使用しました。
タオルスリッパ_編みヒモ

タオルスリッパ..[3] 底を編む(前半)

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

前回作った編みヒモで、スリッパを編んでいきます。

写真が多くおそろしく長いので、「前半」と「後半」との2回に分け、次の順序で解説していきます。


(※クリックすると、それぞれの項目へとジャンプします)


《前半》(この記事です)
1. 編み始め(1本め)の編みヒモを準備する

2. ロープで「編みしん」を作る

3. かかとから編み始める

4. つま先までを編む

《後半》(ここからは次の記事になります)
5. 編みヒモの付け足し方

6. 編み終わり(つま先)の処理

7. 編みしん(ロープ)の始末

タオルスリッパ..[3] 底を編む(後半)

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

「前半」からの続きです。


(※クリックすると、それぞれの項目へとジャンプします)


《前半》(ひとつ前の記事です)
1. 編み始め(1本め)の編みヒモを準備する

2. ロープで「編みしん」を作る

3. かかとから編み始める

4. つま先までを編む

《後半》(この記事です)
5. 編みヒモの付け足し方

6. 編み終わり(つま先)の処理

7. 編みしん(ロープ)の始末

タオルスリッパ..[4] 上部の六つ編み

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

今回は、スリッパの上部に六つ編みを加えます。

1. 底部分に六つ編み用の編みヒモを差し込む

2. 差し込んだヒモを六つ編みにする

タオルスリッパ..[5] ウラの始末

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

最終回の今回は、スリッパのウラ側を始末します。


始末する前のウラ側です。
タオルスリッパ

上部には底(つま先)の編み残りのヒモが1本(3〜4cmにカットしてあります)、そして、左右には六つ編みの端が6本ずつ出ています。
これらの「はみ出した編みヒモ」を始末します。

木綿の布でもスリッパ

(この記事は『ジグザグ@ガラクタ帳』から転載しました)

タオルではなく、古いコットンを使ってスリッパを作ってみた。
古い木綿で作ったスリッパ